土星より、淡彩の光点を望む

映画とか小説とか、自分の好きなことを書きます。